予防歯科

HOME | 予防歯科 | 予防歯科

虫歯の予防方法

虫歯

歯ブラシ 歯を失う原因のほとんどが虫歯や歯周病によるものだといわれています。 歯科で虫歯を防ぐために最も有効なのは毎日の歯磨きだといわれたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「歯を磨いているつもりなのに虫歯になってしまう」という方も少なくはないでしょう。 虫歯は歯磨きだけでなく、生活習慣に原因があることもあります。
虫 歯の原因はプラーク(歯垢)とよばれる細菌のかたまりです。 しかし、プラークができてしまったからといって、すぐに虫歯になるわけではありません。 プラークは「歯に付いた食べカス」や「ブラッシング不良による磨き残し」などが、 お口の細菌と混じり合ってできるものであり、このプラークは、 飲食物に含まれる糖分をエサとして増殖するだけでなく、時間が経つと酸を作り出し、歯の表面を溶し始めます。 これを脱灰といいます。
その後、さらに時間が経つと、唾液によって酸が中和され、 唾液中に含まれるミネラルが歯の表面に沈着して、修復されていくことを再石灰化といいます。 食事の度にこの作用を繰り返し、脱灰が続き、歯の再石灰化が起こらない場合には、虫歯が発生してしまいます。
そこで、虫歯の原因を踏まえて虫歯を防ぐ食生活のポイントを紹介します。
飲食の回数が増えると、お口の中で脱灰に傾く時間が長くなり、虫歯ができやすくなります。 例えば、同じ数のチョコレートを、「数時間おきに食べる人」と「一度に全てを食べる人」では、 「数時間おきに食べる人」のほうが虫歯のリスクが高まります。 虫歯にならないようにするためには飲食の回数を減らすなど、規則正しく食事をとることがとても大切です。
就寝前の歯磨き
就寝中は唾液の出る量が減るため、お口の中の細菌が繁殖しやすい状態となります。 寝る前には歯を磨くことをお勧めします。

一口30回噛む

唾液の分泌を促進することでプラークの形成を防ぐことができます。 一口30回噛んで食べましましょう。 柔らかい食品は噛み続けることが難しいので、噛みごたえのある食品(野菜や海藻類など)を取り入れることをおすすめします。

食後の歯磨きが重要

歯磨きは、食後30分位に磨くことが望ましいとされており、 その際は丁寧に食べカスを落とすことが大切です。
以上が普段の食生活でできる虫歯予防です。 歯科で定期的な検診を受け、専門的なクリーニングや個人に適した食生活指導を受けておくことも大切です。 まずは口の中の健康を保つことを心がけましょう。

歯の大切さ

歯の大切さについて(健康面)

私たちが美味しく食事をするためには、歯は欠かすことができないものです。 歯が痛くなってしまえば、満足に食事ができないので、健康に支障を来してしまうほか、 私たちの毎日の楽しみである食事も苦痛になってしまいます。
人は、失って初めて大事なものを知ることができるといわれていますが、歯もその一つなのではないでしょうか。 今ではインプラント治療など、非常に高度な技術が発達しているのも事実ですが、やはり自分の歯で食事を楽しみたいですよね。
皆 さんも小学校・中学校時代は、8020運動を奨励されたと思います。 8020運動とは満80歳までに20本以上の歯を残そうという運動のことです。 幼少のころから、歯の大切さについては口すっぱく言われてきたと思います。 それほどに、歯は私たちにとって大切なものなのです。

歯の大切さについて(美容面)

歯が私たちの健康的な生活に欠かすことができない、ということはご理解いただけたと思います。 次に、美容面においての歯の大切さについてご紹介したいと思います。
私たちが笑顔になったとき、ちらりとその姿を垣間見せるのが歯ですよね。 笑顔は素敵な人というのは、男性・女性問わず非常に美しく見えるものです。 そして美しい笑顔の要素の一つとなるのが、この「歯」なのです。
どんなに美人な方でも、歯が黄ばんでいたり、歯並びが悪くなってしまっていては魅力も半減してしまいますよね。 また、黄色い歯というのは相手に「不潔」といったマイナスの印象を与える可能性があります。
今では美を求める多くの女性の方が、 歯科クリニックでホワイトニングなどの審美歯科治療や歯石除去などのサービスをご利用されております。 「健康面」においても歯は注目されていますが、「美容面」でも歯は注目されているということなんですね。

このように、私たちが持つ歯は多方面において活躍しているものであり、非常に大切なものなのです。 今からでも決して遅くはありませんので、これから8020運動を実践されてみてはいかがでしょうか。

口腔内清掃道具

おなじみの歯ブラシ、ヘッド(毛の部分)が小さいタイプがおすすめです。 タフトブラシは歯と歯の間や歯列矯正時のブラケット周りなどの細かい部分が磨きやすい小回りのきくブラシです。 毛先が特徴的です。 歯間ブラシセット 歯と歯の間や歯列矯正、ブリッジのプラークを落とすのに最適です。 デンタルフロスは歯間ブラシが入らない歯と歯の間が狭い時に便利です。写真は糸にワックスが塗ってあり通しやすい製品です。 糸ようじ 糸ようじも歯と歯の間の汚れ落としに便利ですが糸にワックスが塗って有りません

予防歯科Q&A

キシリトールは虫歯にならないの?
    • キシリトールは厚生労働省が安全な食品添加物として認可されています、もとは糖アルコールの一種で、5個の炭素を持つ甘味炭水化物です、似たような物としては ソルビトール、マンニトール、マルチトールなどがあります。これらの糖アルコール甘味料はむし歯の原因となる歯垢や酸を作らない事で知られていて、特にキシリトールは虫歯菌のミュータンス菌の増殖を防ぎ、歯にプラークを付着させにくくします。ただしキシリトールだけですべてが解決するかというと決してそうではありません、日頃の歯ブラシがきちんと出来ていないとやはり虫歯や歯周病にはなりますのでご注意ください。
フッ素を塗ると虫歯にならないのか? 
    • フッ素の有効性に関しては現在でも賛否両論あり有効か非かは不明です。
歯ブラシの選び方 
    • ヘッド(毛が付いている部分)は小さい方が良いと言われています。毛の堅さは普通、柔らかい毛先の歯ブラシは歯肉炎の状態が悪い人が一時的に使うブラシです。歯ブラシの交換時期は1ヶ月に1本が理想です。毛先が広がってくると歯垢の除去が出来にくくなります。 
歯間ブラシは使った方が良いのか? 

歯間ブラシは歯ブラシではとれない歯と歯の間にある歯垢の除去にとても良いブラシです。特に 歯の間の隙間に物が詰まる、ブリッジなどの修復物が入っているような人は特におすすめいたします。普通の歯ブラシではおおよそ60%しか歯垢が除去出来ていないといわれています。デンタルフロスを使うと70%、歯間ブラシを使うと95%除去出来ると言われています。