歯肉炎・歯周病

HOME | 歯周病 | 歯周病

歯周病になったら

歯周病とは放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です

みなさんは、歯周病についてどの程度の知識をお持ちでしょうか? 歯周病は見えないし、身体にも影響はないなどと、軽く考えている方はいませんか? こちらでは、歯周病の怖さについてご紹介したいと思います。
歯周病は歯茎の病気の総称で、大別すると、歯肉炎と歯周炎があります。 両者は別の疾患ではなく、まず歯肉炎になり、それが悪化すると歯周炎となります。 歯周病になると、歯茎やその周辺の組織が細菌によって炎症を起こし、悪化することで、すべての歯が抜けます。 以前では、老化現象でしかたがないと思われていました。 実はそれが、歯周病の大きな原因だということがわかってきたのです。

歯周病が招く全身の病気

歯周病の恐ろしさは、口の中の病気だけにとどまらず、 糖尿病・心臓血管疾患・骨粗しょう症・肺炎・感染性心内膜炎などにも影響を及ぼすことが分かってきました。 
特 に、糖尿病は、歯周病の原因にもなっているので、また歯周病も糖尿病の原因とされています。放置すると悪循環になってしまうこともあり、注意が最も必要です。 

歯周病の原因は、歯垢と歯石

歯を丁寧に磨かないと、歯の表面に歯垢がつきます。 歯垢は、食べ物のカスではなく、口の中にいる細菌が固まりを作ったものです。 細菌は、食べ物のカスなどを栄養にして繁殖しながら毒素を作り出し、歯茎に炎症をおこさせます。
歯 石は、歯垢に唾液中のカルシウムにリンがくっついて固まったもので、歯の付け根によくできます。 表面がざらざらしているので、歯垢がつきやすく、ますます細菌の素と化することになります。 ですから、歯石は早めに歯科院に取り除いてもらいましょう。 歯の手入れを怠ること以上に大きな原因となるのが、喫煙です。
喫煙者は非喫煙者に比べて断然リスクが高いといわれております。 タバコの歯周病への害はあまり知られていませんが、歯周病の怖さとともに認識しておかなければならないのです。 歯周病の予防はなんといっても、丁寧な歯磨きが大切になります。 歯周病予防には歯垢を除去すること、つまり毎食後丁寧な歯磨きをすることが一番で、もちろん虫歯予防も兼ねています。
食物繊維をたくさん含んだ野菜などを食べたり、ビタミンCを取り入れたり、 砂糖が配合されたケーキなどを避け、食べたらすぐ歯磨きの習慣をつけることで、歯周病の予防に繋がります。 普段からのケアに気を使い、健康な歯にしていきましょう。
以上が、歯周病の怖さについてでした。 是非こちらを参考に、歯周病予防に努めてみてはいかがでしょうか。

ステップ解説

特徴1:健全な歯肉です


 

治療方法。

 

歯科医院にて引き続きメンテナンスをするとをおすすめいたします。

 


特徴2:初期の歯周病


 

歯と歯ぐきの間にプラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。歯周病の初期段階の“歯肉炎”は、子どもを含むほとんどの年代の人に見られます歯肉炎をそのまま放っておくと“歯周炎”に進行します

 

治療方法。

 

歯石や歯垢を取り除き薬剤を塗布いたします。それに伴い患者さんへの歯磨き指導も致します。

 


特徴3:中程度の歯周病

歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し歯を支える骨を半分くらい失っています。

 

治療方法。

 

歯石や歯垢を取り除き薬剤を塗布いたします。それに伴い患者さんへのブラッシング方法や生活習慣改善のアドバイスを致します。 

 
特徴3:重度の歯周病


 

歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます。

 

治療方法。

 

歯石や歯垢を取り除き薬剤を塗布いたします。それに伴い患者さんへの歯磨き指導も致しますがほとんどのケースで抜歯(歯を抜く)可能性が高い状態です。

 


歯周病Q&A

デンタルフロスをすると臭います、虫歯でしょうか?歯周病でしょうか? 

何らかの原因菌が臭いの元となっています。虫歯か歯周病かは歯科医院にて調べてもらう必要があるかと思われます。 口臭の原因はなんでしょうか?、 口に中が7割、残り3割は胃腸や膵臓、いろいろな病気でも口臭は発生します、口が原因としては虫歯の放置、歯肉炎の放置が考えられます。虫歯によって歯が崩壊しているままにしておくと化膿し膿んでくると嫌な臭いが発生します、また歯肉炎が酷くなるにつれて、歯石や赤い歯肉から原因菌による臭いが出てきます。どちらも歯科医院にて治療をすることで解決いたしますのでお早めに来院ください、 

小学生、中学生でも歯肉炎になるのでしょうか? 

年齢に関係なく毎日のブラッシングを怠ると歯石、歯垢が歯の根元にたまり、歯肉炎にはなります。最近若年層の歯肉炎が増えてきています。 歯磨きをすると歯ぐきから出血します。

やはり血の出る場所は磨かない方が良いのでしょうか? 

まずは歯科医院にて診察することが一番です、歯ぐきから出血している血の中には歯肉炎の原因菌が沢山入っています、近年この原因菌が心臓に良くないとか医学的に関心がもたれる様になってきています、また磨かない事による悪化がどんどん進んでしまう可能性が強く出血しても磨いた方がいいかと思われます。 

犬でも歯周病になるのでしょうか?

9割の犬が何らかの歯周病に罹っていると言われています。歯が抜け落ちたり、元気が無いときは歯が痛い場合もあります、また口臭がキツいときは町の歯科医院では無く獣医さんの治療を受けてください、 

歯周病とたばこの関係 

タバコの煙にはニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病になりやすく、更に治療しても治りにくいことが解っています。歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。 ニコチンの影響で、体の毛細血管が収縮して貧血状態になりますがこの状態は歯肉にも起こり酸欠・栄養不足状態になり歯周組織を破壊していきます。目に見える主な症状としては、前歯の辺りが ニコチンの影響で毛細血管が収縮し歯肉は暗紫色して病気が進行しても出血などの炎症反応があらわれにくく歯肉にメラニン色素が多く沈着し歯肉がねずみ色もしくは黒くなっている方は特に要注意です。 

口腔内環境と心臓病のリスク 

近年口の中の歯周病菌が血液の中に多く存在すると狭心症や心筋梗塞、感染性心内膜炎を誘発する恐れがあると言われています。動脈硬化が起こっている血管から歯周病菌が発見されることもあり、 歯周病の症状が重い人のほうが、歯周病関連細菌が心臓の血管にまで達している割合が多いとの報告があります。また感染性心内膜炎という病気は血液によって運ばれた細菌は心臓の内側の膜(心内膜)や弁膜に感染して、炎症を起こすこともあります。歯周病による 心臓病を伴うリスクは、15%~37%上昇することが報告されています。

インフルエンザウイルスと歯周病の関係について 

日本の大学研究機関によるとインフルエンザウイルスは歯周病菌の一種であるジンジバリス菌が出す酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)の手助けにより、人の細胞に入り込み、細胞の内部で増殖し、感染を広げることが確認されています。お口の中や歯肉血液の中にこの菌が多いとインフルエンザ感染を助長します。とくに高齢者は免疫力が落ちているため感染しやすくなっています。

肺炎予防と口腔環境 

お口の中の細菌が謝って肺に入ることによる誤嚥性の肺炎ということがあります。とくに高齢者の肺炎の原因は、気づかないうちに唾液や胃液などが肺に入る、不顕性誤嚥が多いと言われます。誤嚥が起こりやすくなる原因としては、間違って肺に入った物を外に出すための咳反射が弱くなり誤嚥した物をはき出すことをする力が減ってしまっていることによる発症が多くあります。お口の中を清潔にしておくことで肺炎予防が出来ます。詳しくは歯科医院または訪問介護にご相談ください。 

歯周病と妊婦 

妊娠すると歯周病に罹りやすくなると言われています。女性ホルモンであるエストロゲンが歯周病菌を増殖を促すこと、歯肉の 細胞がエストロゲンの標的となることが知られています。またプロゲステロンというホルモンは炎症の元であるプロスタグランジンを刺激します。これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になるといわれており、このため妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。歯医者さんにてきちんと歯周病のコントロールすることが大変効果があります。

歯周病と低体重児 

妊娠さんが歯周病に罹っている場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかといわれています。その危険率は実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。

歯周病と糖尿病の関係は 

糖尿病の人はそうで無い人に比べて歯周病や歯肉炎の罹患率が2倍高いと言われています、特に血糖のコントロールが出来ていない糖尿病の人は歯周病が重症化しやすく歯肉が化膿し、腫れることが頻繁に起こるとで最悪歯が自然と抜け落ちてしまうことがあります。また歯周病の治療をすると糖尿病の指標となるHba1cの値が減少するとの報告もあり糖尿病と歯周病には相関関係があることが分かってきました。内科の医師と歯科医師の連携がますます重要となっています。