虫歯について

HOME | 虫歯 | 虫歯について

虫歯とは

虫歯について

子供から大人まで、多くの方を悩ませているのが虫歯だと思います。 そんな虫歯ですが、今回は皆さんに原因や仕組みについて知っていただきたいと思います。 虫歯という敵を知っておくことで、虫歯の事前予防も可能になるかもしれません。

引き起こす仕組みについて

虫歯とは言いますが細菌が糖質をもとに作り出す、酸が歯の表面を溶かすことで生じるものです。 多くは歯の間や奥歯の溝などの部分から発生します。 特に、溝の細菌というのは通常の歯磨きでは取り除くことが非常に困難です。 そのため、毎日歯磨きをすれば虫歯は完全に予防できる、ということはないのです。 定期的に歯磨きをしているのに、よく虫歯になってしまうという方は、こういった原因が考えられます。

原因について

虫歯の仕組みについてみていきましたが、次に原因についてみていきましょう。 歯の表面の歯垢(プラーク)の中には細菌が存在しており、この細菌は飲食物の中の糖分を摂取、分解して酸を出す役割を持っております。 そして、この酸によって歯は溶かされてしまうのです。しかし、通常であれば口内では常に唾液が分泌されていますね。 人の唾液は酸による溶解を緩和させる効果をもっており、唾液はカルシウムやリン酸などを含んでおります。 そしてこれらが脱灰された状態の歯を修復してくれるのです。糖分の摂取が頻繁で、酸による溶解の緩和や再石灰化が間に合わず、脱灰された状態が続くと、そ の部分はそのうち崩壊してしまいます。 これが、「虫歯」というものなのです。 「甘いものを食べすぎると虫歯になる」という言葉の意味も、同時にご理解いただけたのではないでしょうか。ちなみに、虫歯によって崩壊してしまった歯質 は、再石灰化などにより自然回復することはまずありません。 そこで、奥歯の穴を埋めて修復する歯科治療が必要になってきます。 また、虫歯が進行してしまった場合には神経にまで細菌が達し、 こういった場合には歯の神経を抜くという大掛かりな治療が必要になってきます。 当院では、患者様の虫歯の治療に全力を注いでまいりたいと考えておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

主な症状

虫歯になると、冷たい物や甘い物などを食べるとしみたり、ズキズキと痛む、物を噛んだらズキンと痛いなどの症状が現れます。
 

虫歯の怖さ

虫歯の怖さについて

みなさんは、虫歯と聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか?「歯が黒くなってしまう」「ズキズキ痛む」程度の認識かもしれません。 また、「虫歯になれば、すぐに歯医者に行けばいい」という認識を持っている方もいらっしゃると思います。しかし、虫歯は非常に怖いものです。 そこで、今回は虫歯の怖さについて皆さんに知っていただきたいと思います。虫歯は最悪死に至るケースもある自分に虫歯があっても、学校やアルバイト、仕事 などの日常生活が忙しければ、治療を疎かにしてしまいがちだと思います。 確かに、特に痛みが感じられないようであれば、治療の必要性がないと思うかもしれません。 しかし、一番厄介なのが、「自覚症状がない」ということなのです。 痛みを感じないからだろうといって放置しておくと、知らず知らずのうちに虫歯の菌が進行しているかもしれません。虫歯を放置していると、どんどん虫歯が進 行してしまい、歯を溶けさせてしまいます。 もちろん、そうなると痛みも次第に大きくなってしまいますよね。 痛みを感じるころには、毎日の食事も苦痛になってしまいます。そしてこの段階で激しい痛みを感じながらも放置していては、ついには虫歯の原因菌が顎の骨に まで到達してしまいます。 そしてそこで炎症を起こしてしまい、その炎症部分から原因菌が血液を通して体内を巡ります。 これらの原因菌が血管をとおり、心臓や脳といった重要な部分に炎症を引き起こしてしまうのです。その結果、後遺症が残ってしまったり、最悪死に至ってしま うことも考えられます。 もちろん可能性は限りなく低いかもしれませんが、決して0とはいえませんので、虫歯をなめてかかってはいけません。虫歯を予防したいと考えているのであれ ば、まずは虫歯の怖さを知る必要があります。 「歯磨きの大切さ」も歯を予防する上では必要なものですが、同時に虫歯の怖さを知ることで、 さらに理解が深まるのではないでしょうか。

虫歯の進み方とは

進み方

皆さんは、歯の健康をきちんと守っているでしょうか。 虫歯というと、歯が痛くなってから来院される方がほとんどですが、実は痛みがなくても虫歯になっていることがあるのです。 進行してしまうと、歯を失ってしまうことも中にはあるのです。食べ物を食べると残りかすが歯につくためその残りかすが、中にある糖分を細菌が分解し て歯垢を作り、 その歯垢が酸を作り出して歯を溶かしてしまいます。これがむし歯の始まりなのです。 ですから、虫歯にならないためにも日々の歯磨きはもちろんのこと定期的な点検での早期発見、治療が必要です。 ここではそんな虫歯の進み方について紹介したいと思います。

健康状態

健康な歯の状態です。

治療方法

治療の必要はありません。現状を維持して頂くために予防方法などの指導を致します。

C1の段階

自覚症状はほとんどなく、エナメル質という歯の一番表面にある部分に虫歯ができた状態の事をいいます。 自分ではなかなか見つけられない歯の溝や歯と歯の間に良くできることがあります。

治療方法

虫歯が神経まで到達していませんので、麻酔注射をして歯を削りコンポジット・レジン充填による治療をして、最終的には穴にコンポジット・レジンを詰めて治療終了となります。この段階ならば治療日数は即日で終わります。

C2の段階

エナメル質よりさらになかにある象牙質まで虫歯が進んだ状態の事をいいます。 この象牙質はエナメル質よりも柔らかく、虫歯の進行が早い部分です。 甘いものや冷たいものがしみて痛いと感じることがあります。

治療方法

虫歯が神経まで到達していませんので、麻酔注射をして歯を削りコンポジット・レジン充填、インレー印象などの治療をして最終的には穴にコンポジット・レジン、金属を詰めて治療終了となります。この段階ならば治療日数は2-3日で終わります。

C3の段階

象牙質をつきぬけて歯の中の神経まで虫歯がとどいている状態です。 食べ物が虫歯の穴の中に入るとズキッと痛くなったり、冷たいものを口にすると痛みが増幅したり、何もしていない時にも痛みを感じることがあります。

治療方法

麻酔注射や薬剤を使って神経を取る必要があります、歯の内部も虫歯菌によって虫歯になっていますので歯の根の部分を消毒し無菌状態になるまで治療をしますので日数が少しかかります。

C4の段階

歯の中の神経が死んでしまい、歯の根を通って根の先端の方まで細菌が入ってしまった状態です。 放っておくと根の先の方に膿の袋ができたり治療も難しくなります。 ここまで進んでしまった虫歯は嘘のように痛みがなくなります。

治療方法

ほとんどこの状態になると神経は死んでしまっている可能性が強く歯の根の先に膿みの袋ができ非常に難治性となってしまいます。まずは歯の内部の虫歯を除去し根管内を消毒清掃していく治療が続きます。最悪抜歯になるケースも多数あります。


このように虫歯には段階があります。 虫歯は他の怪我などとは違い、放っておいても自然に完治することはありません。 むしろ悪くなってしまうばかりか他の病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。
早めに治療を行えば歯を長持ちさせることができ、治療の痛みも少なくて済みます。 ですから、痛みを感じる前に歯科で定期的な検診を受ける習慣を身につけ、歯の健康を保つように心がけましょう。

虫歯のQ&A

なぜ保険外治療と健康保険の治療があるのでしょうか? 
    • 健康保険の治療は治療の範囲、内容、期間、料金、薬の種類などが細かく決められた制度です。この保険制度の内容にないものは当然ながら健康保険では治療できません、よって健康保険外の治療が存在するのです。健康保険の内容は毎年改訂され新しく保険に入る治療もあります。 
フッ素、キシリトールは虫歯にならないと言いますが本当でしょうか? 
    • フッ素もキシリトールもなりにくくする作用はありますが、これだけでならないとは限りません、歯に付着しているプラーク(汚れと細菌)を歯ブラシなどで歯から落としてはじめてフッ素とキシリトールの効果が発揮できます、きちんと毎日歯磨きをしていないとやはりなります。  
虫歯は放置しても治りますか? 
    • c0,c1の初期ならば歯磨きでの進行を予防することはできますが、治すことはなかなか難しいかと思われます。c2から進行が進んでいる場合は放置しても治ることはありません、痛みが止まったからと言って治ったということはありません。 
う蝕の治療方法は削る事しか無いのでしょうか? 
    • 現在の歯科治療ではう蝕になっている部分を取り除く方法しかありません、再生医療ができればう蝕の部分を再生できる様になるかもしれませんがまだまだ先のことで出来るかも分かりません、健康保険の制度では基本的にう蝕は削って穴を埋めるもしくは神経までう蝕が到達している場合は神経を取ることが基本的治療内容です。  
保険の治療で差し歯はみんな銀歯なのでしょうか? 
    • 健康保険では親知らず+奥歯2本を除くすべての歯が白い差し歯を入れることが出来るようになりました、しかしこれには条件があり残りの健康な歯が少ないとか薄いという場合は白い差し歯を入れることが出来ない事もあります、 
インフルエンザになりましたが、3日過ぎ今は熱も下がってなんともありません、歯科治療は可能でしょうか? 
    • インフルエンザは基本5日間は外出出来ません、服用後何日かするとインフルエンザ治療薬によって熱が下がりますが、治った訳ではありません、この熱が下がってからの時期が一番他人に移してしまう確率が高くなっています。 
虫歯になりにくい人はいるのでしょうか? 
    • 誰でも口の中には多いか少ないかは人それぞれですが虫歯菌が必ずいます。食生活や毎日のブラッシング、生活習慣によっても虫歯になりやすいなりにくいがあります。 歯痛はどうすれば止まりますか? 特にずきずきと痛い状態になると間違いなく歯医者さんに行かないと止まることはありません。今すぐ歯科医院に電話しましょう。