自由診療の針金が見えないノンクラスプデンチャーや磁力の力で義歯を安定させる磁性アタッチメントデンチャーなど多種にわたり製作しています。

topバナー|電話番号
 

義歯・入れ歯

HOME | 補綴 | 総入れ歯部分入れ歯

種類別一部症例

メタルフレームの部分床義歯
 クリックすると拡大します。

メタルフレームの部分床義歯

自由診療
部分入れ歯にてがっちり動かない装着感がお望みならばこの義歯がおすすめです。保険の義歯は針金や金属バーなどの多くのパーツを使い基本フレームは無しで一個の義歯が出来上がりますが、この義歯はワンピースの金属のメタルフレームを中心に義歯ができているので安定感と高い精度の義歯で使用金属はコバルト、チタンなどを使用します。
¥150000〜※写真は上顎
  • 長所
    • 義歯の厚みが薄くて金属なので破折のリスクが減る
    • 制度が高くとても安定感がある
  • 短所
    • 値段が高い
    • 製造期間が長い
 
アタッチメント義歯
クリックすると拡大します。 

アタッチメント義歯

自由診療
お口の中に動揺しない歯根だけがしっかり残っている場合はこちらの磁性アタッチメント義歯がおすすめです。磁石で入れ歯を安定させるため針金が無く審美的にも好評です。歯の根にマグネット受けの部品を接着取り付けし義歯側にマグネットの部品を付け、上下の義歯を磁力で安定させる義歯です、
¥30000〜義歯代金別 ※写真は下顎 
  • 長所
    • 義歯が外れにくくいろんな物を食べることが出来ます。
    • 歯に引っかける針金が無いので審美的である
    • とにかく安定感は抜群に良い、
    • 治療が出来ない歯の根しか無くても利用することが出来る。
  • 短所
    • 健康保険ではないので予算が必要
    • 製造期間が必要
    • 歯の根が歯周病や虫歯で痛くなって途中で抜歯することがある。
 
ノンクラスプデンチャー
クリックすると拡大します。 

ノンクラスプデンチャー

自由診療
入れ歯の針金の見た目が気になる、そんな患者さんに勧めなのがこのノンクラスプデンチャーです。特徴としては針金が無いので目立たない、歯に引っかける部分も一体成形で 弾性と強度がある新素材で作りますので装着感が少なく、壊れにくい義歯です、写真の様に1本〜3本の欠損でも制作できます。
¥50000〜※写真は2本欠損のノンクラスプデンチャー 
  • 長所
    • 歯に引っかける針金が無いので審美的である
    • 柔軟性がある素材なので破折のリスクが少ない
    • 自由診療の義歯の中では比較的安価である
    • 健康保険の義歯よりも厚みが少ない
  • 短所
    • 健康保険では無いので費用がかかる
    • 金属床義歯よりは厚みがある
    • 変色しやすい、
    •  
金属床義歯総入れ歯
クリックすると拡大します。 

総入れ歯金属床義歯

自由診療
保険の入れ歯の厚みが気になる患者さんには、中央部分が金属で出来て非常に薄く装着感が少ない義歯がおすすめです。厚みは保険の1/4程で口の中が広く感じると言う患者さんもいらっしゃります、
各使用金属によって価格が違います。
¥300000〜  ※写真は上の総義歯 
  • 長所
    • 健康保険の義歯に比べて厚みが少なくとても気持ちがよい
    • 厚みが少ないため言葉が出やすい、
    • ビーディング処理がされている為唾液が出やすい
    • 床が金属なので割れにくい
  • 短所
    • 健康保険では無いので非常に高価である
    • 早期に顎が痩せてしまうと厚みが増えてしまう
    • 制作期間が長い
 
総入れ歯健康保険義歯
クリックすると拡大します。 

総入れ歯レジン床義歯

健康保険
おなじみの極一般的な健康保険の入れ歯、安価で6ヶ月置きに作ることが出来ますので顎が下がりやすく、義歯がすぐ緩くなってしまう患者さんにはこちらがおすすめです
※写真は上下の総入れ歯 価格は健康保険1割〜3割 
  • 長所
    • 健康保険で出来るので安価である
    • 顎が痩せやすい患者さんでも6ヶ月置きに作ることが出来る
  • 短所
    • ほとんどの部分がレジンで出来ているため割れることがある
    • 厚みがあって話しにくい
    • 使用している人工歯が減りやす
 
部分床義歯健康保険義歯
クリックすると拡大します。 

レジン部分床義歯

健康保険
極一般的な健康保険で安価で作る事が出来る部分入れ歯です。顎が下がりやすくすぐ作っても合わなくなり困っている、また歯周病が酷く治療中の場合や虫歯が沢山あって治療中の場合など長期間歯の治療をしていて仮の義歯が欲しい患者さんにおすすめです、こちらも6ヶ月置きに作ることが出来ます。価格は健康保険1割〜3割 ※写真は下顎の部分床義歯 
  • 長所
    • 健康保険で出来るので非常安価である
    • 顎が痩せやすい患者さんでも6ヶ月置きに作ることが出来る
    • 知慮中には仮の義歯として使える
  • 短所
    • ほとんどの部分がレジンで出来ているため割れることがある
    • 厚みがあって話しにくい
    • 使用している人工歯が減りやす
 
メタルフレームの部分床義歯
クリックすると拡大します。 

メタルフレームの部分床義歯

自由診療
部分入れ歯にて安定した装着感がお望みならばこの義歯がおすすめです。保険の義歯は針金や金属バーなどの多くのパーツを使い基本フレームは無しで一個の義歯が出来上がりますが、この義歯はワンピースの金属のメタルフレームを中心に義歯ができているので安定感と高い精度の義歯で使用金属はコバルト、チタンなどを使用します。
¥150000〜※写真は上顎両側欠損の例です。
  • 長所
    • 義歯の厚みが薄くて金属なので破折のリスクが減る
    • 制度が高くとても安定感がある
  • 短所
    • 値段が高い
    • 製造期間が長い
 
ノンクラスプデンチャー
クリックすると拡大します。 

ノンクラスプデンチャー

自由診療

入れ歯の針金の見た目が気になる、そんな患者さんに勧めなのがこのノンクラスプデンチャーです。特徴としては針金が無いので目立たない、歯に引っかける部分も一体成形で弾性と強度がある新素材で作りますので装着感が少なく、壊れにくい義歯です、写真の様に1本〜3本の欠損でも制作できます。
¥50000〜※写真は下の顎の両側欠損のノンクラスプデンチャーの例です。 

  • 長所
    • 歯に引っかける針金が無いので審美的である
    • 柔軟性がある素材なので破折のリスクが少ない
    • 自由診療の義歯の中では比較的安価である
    • 健康保険の義歯よりも厚みが少ない
  • 短所
    • 健康保険では無いので費用がかかる
    • 金属床義歯よりは厚みがある
    • 変色しやすい、
 
下顎金属床義歯
クリックすると拡大します。 

下顎の部分金属床義歯

自由診療
部分入れ歯にて安定した装着感がお望みならばこの義歯がおすすめです。保険の義歯は針金や金属バーなどの多くのパーツを使い基本フレームは無しで一個の義歯が出来上がりますが、この義歯はワンピースの金属のメタルフレームを中心に義歯ができているので安定感と高い精度の義歯で使用金属はコバルト、チタンなどを使用します。
¥150000〜※写真は下顎両側欠損の例です。
  • 長所
    • 義歯の厚みが薄くて金属なので破折のリスクが減る
    • 制度が高くとても安定感がある
  • 短所
    • 値段が高い
    • 製造期間が長い
 

入れ歯Q&A

入れ歯は虫歯にならないのでしょうか? 
    • 後から作成した人工物は虫歯にはなりませんが、針金が付いている部分の歯が虫歯になることはあります。 入れ歯と差し歯の違いについて 入れ歯は歯を抜いたところを補うために作る人工物を義歯、差し歯は虫歯で神経を取りそれを補うために作る人工物をいわゆる差し歯といいます。 
インプラントと義歯とはどちらがよいでしょうか? 

構造的に全く違う物なのでどちらが良いかは個人の好みの問題かと思われます。また歯の無い本数によっても違いがあります。価格的にもインプラントは自由診療で入れ歯は健康保険でもできます。当院ではまずは安価な保険の義歯を試しに入れて試してみる事をおすすめいたします。 

総入れ歯にすると歯も痛くならなくていいと思うのですがいかがでしょうか? 
    • 当院の総入れ歯の患者さんは皆、歯を抜かなければ良かったと後悔している人がほとんどです。一般的に総入れ歯は健康な歯に比べて咀嚼効率は10〜20%と言われています。 歯を抜いてからすぐに義歯を入れてることは可能でしょうか? 健康保険でも即時義歯という方法があります。歯を抜く前に型取りをし抜歯部位の義歯を作成しておき、完成後抜歯をしその日に入れる義歯を即時義歯と言います。前歯など歯を抜くことによって仕事に支障がある人、全く食べられない状況などケースによっては違いがあります。 ただ歯を抜いた場合傷が治るに連れて入れ歯と歯肉の間が空いてきます、時々隙間を埋めて完全に傷が治るれば新しい義歯に作り変えるまでの一時的な義歯です。抜歯の穴がきれいに治るまで6ヶ月ほど使用し新しい義歯を作ります。
歯根が残っていても義歯を作ることは可能でしょうか? 
    • 医科での手術前後の期間や脳梗塞、心臓病、高齢者、腎臓病など様々な理由で歯を抜くことが出来ない患者さんがいます。その場合歯根が残っていても型取りし、歯根の上からのせる義歯を作ることをします。理由が解消されれば後日歯根を抜くこともありますがその場合は長期による義歯の調整が必要となります。
総入れ歯にすると噛みやすいですか? 
    • 天然の歯の咀嚼効率が100%とすると総入れ歯は10〜20%といわれています。いろんな物が食べにくくなります。特に繊維物の食べ物、弾力のある食べ物などは困難になります。
ノンクラスプデンチャーは快適に使えるのでしょうか? 
    • ノンクラスプデンチャーは針金が無い入れ歯です、健康保険外ですが当院では比較的安価(5万円から)にて提供しております。何年も義歯を入れている患者さんには大変好評ですがはじめて入れ歯を入れる患者さんは入れ歯自体に慣れが必要です、所詮ノンクラスプデンチャーも入れ歯ですので物体としての存在感はきえることはありません。まずは健康保険のデンチャーを入れてみて今後も使って行けそうな場合にのみ作ることをおすすめしています。詳しくはご相談ください。
ノンクラスプデンチャーのように自由診療で作った入れ歯も医療費控除の対象になるでしょうか? 
    • 年間10万円を超える医療費があれば医療費控除の対象になります。